TOPICS 新着情報

2018/09/12
信州大学西松氏講演!〝快適性(心地)の数値化・分析法と商品開発への応用

◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆*。.・◆*†*。.・◆・.。*

 

信州大学 繊維学部 特任教授 西松豊典氏による

「快適性(心地)の数値化・分析法と商品開発への適用」の講座を開催。

「心地」を数値化する官能検査を演習形式で実施し、

製品の心地と「硬軟感」「温冷感」などの物理特性の関連について理解を深めます。

 

◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆*。.・◆*†*。.・◆・.。*

 

【日 程】

2018年10月12日(金)10:30~16:30

 

【会 場】

産業科学システムズ会議室

(東京都千代田区富士見1-5-1)

 

飯田橋駅下車

JR中央・総武線各駅停車

東京メトロ 東西線(A5出口)

東京メトロ有楽町線(A4/B2a)

東京メトロ 南北線(A4/B2a)

 都営地下鉄大江戸線(A4出口)

各徒歩約5~6分

 

【講座内容】

<概要>

昨今、さまざまな製品の魅力に感性品質(心地)という指標が大きな影響を与えるようになりました。

特に、その製品のコンセプトに見合った感性品質=快適性(心地)を的確に捉え、

製品として実現することが強く望まれています。

今回のセミナーでは、触知覚に基づいて評価されている製品の心地を

どのような検査手法を用いて、実験・評価・解析を行ったらよいかについて解説します。

また、さまざまな実験や研究を重ね、実際に商品化された感性製品の評価事例

(カーインテリアの触感、ステアリングホイールの握り心地 など)も紹介します。

 

<講師>

信州大学 繊維学部 特任教授

ファイバーイノベーション・インキュベーター施設 リサーチコーディネータ 工学博士 西松 豊典氏

 

<プログラム>

 Ⅰ.人間の視覚機能と視覚による製品評価方法について

 Ⅱ.人間の触知覚機能について

 Ⅲ.人間快適工学とは

 Ⅳ.「快適性(心地)」を数値化する官能検査を行うには

 (1)官能検査とは

 (2)官能検査を行う前の準備(被験者,試技,評価形容語,実験環境の選定)

 (3)被験者の判定能力の検定について【演習】

 (4)一対比較法による官能検査について【演習】

 (5)SD法による官能検査について【演習】

 

 Ⅴ.製品の「快適性(心地)」を物理特性と関連付けるには

 (1) 「硬軟感」に関連する圧縮特性の測定・評価方法

 (2) 「粗滑感・乾湿感」に関連する摩擦特性の測定・評価方法

 (3) 「温冷感」に関連する温熱特性の測定・評価方法

 

 Ⅵ.快適性(心地)を評価しているときのヒトの生理的機能量の測定法

 (1)ストレスと脳波,心電図結果との関係について

(具体例;匂いがスーツの着心地に及ぼす影響)

 

 Ⅶ.製品開発の具体例

 (1)カーインテリアの「触感」を数値化する(因子分析を用いて)【演習】

 (2)ステアリングホイールの「握り心地」を数値化し、予測する(主成分分析、重回帰分析を用いて)【演習】

 

質疑応答

【事前アンケートのご質問事項について解説致します】 

※内容によって一部回答できない場合もございますので、ご了承願います。

 

【受講料】1名につき47,520円(税込)

2名以上の場合は1名につき43,200円(税込)

 

 

お申込み・詳しい講演会情報はこちら

こちらからも御申込書がダウンロードできます→申込書

※お席に限りがございますので、お早めにご予約くださいませ。

 

商品のさわり心地や快適性に関わる、様々な業種の方のご参加をお待ちしております。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

本講演会について、申込みなどに関するお問い合わせは下記へ

 

ISS産業科学システムズ

〒102-0071 東京都千代田区富士見1-5-1 パラシオン飯田橋

Tel&Fax:03-3264-5675(申込み) 

Tel:03-3264-5635(代表)Fax:03-3264-5675(代表)

ページの先頭へ