風合い計測とは

風合いを伝える技術の限界

人がものに触れたときに感じる材質感や感触は、古くから「風合い」と呼ばれ、品質を判断するときの一つの価値基準になっています。しかし、手の感覚はあくまでも主観的な評価のため、ごく微妙な違いしかない素材の場合、長年の経験を積んだ職人や専門家には判別できても、一般の方ではどちらが良いか判断できないケースがありました。

主観的な感覚を客観的なデータへ

人が風合いを見分けるときに行う「なでる」、「引張る」、「折り曲げる」、「指で押す」といった動作。
そんな風合いを見分けるときに行う動作と感覚を、精密な測定装置に再現して、主観的であいまいだった物性判断をだれもが共有できる客観的な数値というデータに置き換えること。それが、風合い計測の技術です。

風合い計測とKES(KAWABATA EVALUATION SYSTEM)

1970(昭和45)年、布の風合いを計測する研究を行っていた京都大学工学部の川端季雄博士の基本設計と、奈良女子大学家政学部の丹羽雅子博士の応用研究開発により、手などから感じる主観的な判断を客観的データに置き換えることに成功した“風合い計測装置 KES”が誕生しました。“KES”とは、「KAWABATA EVALUATION SYSTEM」の略で業界では一般的に「ケス」と表現されています。
現在では、「繊維」をはじめ「化粧品」や「食品」、「製紙」や「自動車」などで、活躍の場を広げています。
また世界的にも、風合いの評価にはKESが用いられています。

KESシステムで測れる風合い

しなやかさ・肌ざわり
フィルム
曲げやすさ・柔らかさ・
弾力
さっぱり感・滑らかさ・
しっとり感
クリーム
伸びのよさ
紙・不織布
裂きやすさ・滑らかさ
樹脂
温かみ・滑らかさ
粒子
ざらつき感
しなやかさ

ページの先頭へ