SK2000
毛髪直径測定機
本装置で基本特性として毛髪の外径を正確に把握し、他の特性評価にデータをフィードバックをするためのものです。
毛髪の外径を測定する方法は従来より様々な方法がありますが、本装置はより精密でかつ迅速に測定することが可能にするため資生堂様と共同開発されました。

※操作はタッチパネル方式です。

SK2000
毛髪直径測定機
特徴
チャック機構
毛髪の両端をチャックする機構のため、外力(風等)に影響されず測定が可能です。
両端が同期して回転するため毛髪自体がねじれることがありません。
形状把握
毛髪の長手方向にセンサーの移動が可能なため、毛髪の長手方向における形状把握が簡単です。
毛髪外径計測
毛髪一周あたり360点(1°/point)のデータ測定
長径(ピーク)・短径(ボトム) 2点のデータ測定
自動測定
毛髪長手方向の任意での外径測定や自動送り機構において、任意ピッチ間での外径測定が自動です。
解析方法
計測結果(データ)はパソコンに集録を行い、エクセルデータとして解析可能です。
SK2000
毛髪直径測定機
仕様
SK2000(本体)
寸法/重量(概算)
  • W750(ハンドル等突起物含まず)× D500 × H500(mm)/60kg
電源 AC100V 最大消費電力:60W
測定環境温湿度 20 ~ 30℃/50 ~ 70%RH
ただし結露しないこと。測定中は温湿度を一定に保つこと。
(標準温湿度条件:20℃/65%RH)
※風及び振動の影響が少ない場所に設置すること
測定精度 分解能 0.1μm
チャック部 ピンチャック方式(2 個/1 組)
チャック回転速度
  • 360 度計測モード 1rpm
  • P-B モード 2rpm
回転部駆動 ステッピングモーター
センサー部移動範囲 0 - 150mm
センサー部移動ピッチ 0 - 99mm(1mm ピッチ)
センサー部移動速度 約 30mm/sec
移動部駆動 ステッピングモーター
操作部 タッチパネル方式
試料寸法(毛髪)
  • 直径 φ0.05 〜 φ1mm
  • 長さ サンプル全長 50 - 170mm
  • 測定部 30 - 150mm(つかみ代 両端 10mm 必要)
SK2000(センサー)
センサーおよびコントローラー キーエンス製 LS-7000 シリーズ
SK2000(データ収集部)
シーケンサ キーエンス製 KV-700
モニタリングソフト キーエンス製 KOM+
*Microsoft Excel 上にデータを表示。
SK2000(計測モード)
360度モード 1 度ごとに 360 回計測
P-Bモード 最大・最小値を各 1 回計測
SK2000
毛髪直径測定機
計算例

センサー構造

レーザービームによる毛髪直径計測原理
毛髪は回転して測定されます。

※現在はレーザーではなく、LEDになっています。

SK2000
毛髪直径測定機
仕様
シャンプー・トリートメント効果
染髪剤に対する影響
育毛・養毛剤効果
人工毛髪

※上記すべて他の評価装置と組み合わせて評価しています。

カタログダウンロード

ページの先頭へ