KK01
スクラッチテスター

フィルム・プラスチック・自動車内外装材・塗膜材料などを剛体ピンによって引っ掻き、“耐傷つき性(スクラッチ特性)”を評価する試験機です。

ASTM及びISO において標準化された「荷重増加型スクラッチ試験」が行えます。
この試験により、「スクラッチ特性の定量評価」が可能となり「塗装材料の研究」「傷発生のメカニズム解析」にご活用頂けます。
特徴

●スクラッチ摩擦係数の算出

表面損傷と直接関連する物理量である、スクラッチ摩擦係数を算出し、スクラッチ機構の解明にお役立て頂けます。

●ティーチング機能

設定した初期・到達荷重の押し込み試験を行う機能。これを本試験前に行う事で素早く荷重域の設定が可能。

●サスペンション機構

傷評価が難しいシボ形状のように、表面に凹凸を持つサンプルにおいても線形荷重増加性を損なう事なく試験が可能。

測定サンプル例

  • フィルム
  • プラスチック
  • 自動車内外装材
  • 塗膜材料

KK01/KK02/KK03

KK01
スクラッチテスター
システム構成図・測定データ

計測ソフト画面例

KK01
スクラッチテスター
仕様
寸法/重量(概算)
  • W965 × D530 × H690(mm)/150kg
電源
  • AC100V、最大消費電力 60W
測定環境温湿度 10 ~ 40℃/30 ~ 70%RH  ただし結露しないこと。
※風及び振動の影響が少ない場所に設置すること
測定動作 測定方法:増荷重方式
スクラッチ方向:左から右
スクラッチ荷重検出 検出器:ロードセル
垂直荷重:1~200N
水平荷重(最大):200N
精度(フルスケール):±0.5% 以下
スクラッチ距離検出 検出器:リニアエンコーダー
距離(最大):400mm
スクラッチ速度 1mm/sec ~ 400mm/sec
深さ検出 検出器:レーザー変位計
データ通信 データ転送:USB
測定結果点数:約1000点
試料寸法 寸法:200mm × 420mm 厚み:5mm(最大)
※ASTM:D7027-05 / ISO:19252
本機はカトーテック(株)がU.S.Surface Machine Systems,LLC.(Patent No.7302831)よりライセンスを受けて製造販売しています。
※記載の仕様内容につきましては予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。
KK01
スクラッチテスター
チップラインナップ
標準φ1mmチップ以外にも、多種多様な傷の損傷(光沢傷、うろこ傷、切削傷等)を想定した評価をするために、様々なチップをご用意しております。またお客様の希望試験に合うチップのカスタマイズも承ります。

※φ1mmチップ以外はASTM・ISO準拠ではありません

  • φ1mm(標準)

  • φ0.5mm

  • φ2mm

  • φ5mm

  • バレルチップ

カタログダウンロード

ページの先頭へ