カトーテックとKESシステム誕生までの軌跡

加藤鉄工所のはじまり 材料屋から製造業へ

1945年(昭和20年)に、戦後の残った材料を販売するため、加藤鉄工所を始めました。
様々な物資が不足しており、“鍋・やかん”などの生産販売が盛んな時代に「材料屋」として業績を伸ばすことが出来ました。

ある時、お客様より「鋳造機」の製造を依頼されました。
『作るなら、少しでもよい物をつくりたい』という信念のもと、改良を行い鋳造機の「オートメーション化」に成功し、国内外への販売を行いました。

こんなところでカトーテック

1964年(昭和39年)、東京オリンピックで使用されるメダルの製造に協力しました。
銀・銅メダルのレプリカをいただきました!

京都大学工学部 川端季雄博士との出会い

当時、京都一と言われていた「やすり名人」がカトーテックにいました。
繊維製品の風合いに着目し始めていた京都大学川端博士より物性評価用「曲げスペーサー」の加工に、熟練の職人技が必要だと問い合わせがありました。この依頼を引き受け、見事川端博士のイメージされたスペーサーをつくる事ができ、出来上がったスペーサーにより、川端博士の求めていた“正確な曲げの測定”を行う事に成功しました。

転機…物性評価ができるものを作りたい

川端博士との出会い以降、『新しいモノ作り』を進めていくことになりました。
今後の会社の未来を『知識の集約産業』に託すことにし、『大きいモノより、小さく付加価値のある モノへ』とシフトチェンジを行いました。

KESシステム誕生

1970年代、風合いの客観評価技術の必要性が高まっていた時代、日本繊維機械学会のなかに“布の風合い評価の標準化”と“日本の工場熟練者によってなされてきた風合い判断の解析”を目的に「風合い計量と規格化研究委員会(略称HESC)」が発足しました。この時にこの委員会の中心となっていたのが川端博士と奈良女子大学家政学部の丹羽雅子博士であり、二人を筆頭に日本有数の繊維会社から熟練技術者や、大学研究者などが集められました。
その委員会の中で3年間かけて約500種の生地の評価がなされ、基本風合い・総合風合いを定義し、「布の風合い客観評価法」の開発に成功しました。この研究の中で、風合い判断が微小な荷重レベルでの初期力学特性に基づいていることを見いだし、布の力学特性を測定するために作られたのが「風合い計測装置 KES(KAWABATA EVALUATION SYSTEM)システム」です。
この測定条件は、JISやISOの規格ではないですが、川端博士、丹羽博士を筆頭に様々な熟練技術者・大学研究者・研究者により使用されており、世界中で認知されています。

過去から今へ受け継がれる創始者の思い

この長い歴史の中、常に『より良いものをつくっていきたい』という創業当時の思いを絶えず持ち続け、様々な装置の製造・販売を行ってきました。
繊維業界からスタートし、今では自動車・化粧品などの様々な産業にてご利用頂いております。今後も、長年の経験と高度な技術を生かし、様々な業界の「心地よさを生み出す商品開発」をサポートしてまいります。

※引用元:川端季雄、風合い計量と規格化研究委員会、風合い評価の標準化と解析 第2版(1980)

ページの先頭へ